あなたは今、どのキャリアの携帯をお持ちですか?

docomo、ソフトバンクそれともauですか?

 

ご存知ない方も多いようですが、格安SIMは、docomo・ソフトバンク・auの回線に分かれていて、各回線によって、通信速度や価格が違うのです。

 

また、カウントフリートいって、LINEやツイッター、ユーチューブといったよく使うサイトだけを、通信制限無で使えるサービスも提供されています。

 

さらに、従来の格安SIMはでは、音声通話が大手携帯電話と比べ高かったのですが、今では、「10分かけ放題」や「3回線かけ放題」など、通話料に関しても、大手の携帯会社に引けを取らないサービスを提供しています。

ですから、各社いろんなサービスが入り混じって、素人には、どの格安SIMが良いのか、さっぱり分からない状態だと思います。

そこで、今お持ちのスマホに最適な、しかも、用途別で比較して、最も優れたSIMをランキングにして紹介します。

 

<目次>
・通信速度が速い安いSIMフリーランキング!

・10GBでプランで一番安いSIMフリーランキング!

・通信速度が安定しているSIMフリーランキング!

・総合格安SIMフリーランキング!

通信速度が速い安いSIMフリーランキング!

【docomo回線の格安SIM】
1.LIBMO
2.OCN モバイル ONE
3.BIGLOBEモバイル

通信速度で早いのは、平均26.22bpsをだした「LIBMO」です。最高速度37.64bpsは、OCN モバイル ONEでしたが、最低速度17.5bpsと平均値トップをだしたLIBMOです。ですから、LIBMOは安定的な速度が維持できると期待できます。

>>docomo回線の格安SIM1位のLIBMOの公式サイトはこちら→

 

【ソフトバンク回線の格安SIM】
1.LINE MOBILE
2.Y!mobile
3.mineo

ソフトバンク回線で断トツなのがLINE MOBILEでした。驚異の平均53.32bpsをたたき出した、キャリアを上回る速さです。2位のY!mobileも準キャリヤとして、さすがに、平均46.71bpsとこちらもキャリヤに迫る速さを出しています。

>>ソフトバンク回線の格安SIM1位のLINE MOBILEの公式サイトはこちら→

 

【au回線の格安SIM】
1.UQモバイル
2.BIGLOBEモバイル
3.mineo

やはり、準キャリアのUQモバイルが、平均56.92bpsと、2位のBIGLOBEモバイル(平均25.57bps)に大差をつけました。最低速度も47.71bpsと、他社を引き離しての驚異の早さです。

>>au回線の格安SIM1位のUQモバイルの公式サイトはこちら→

(SIMフリー完全ガイドのデーターより参照)

 

10GBプランで一番安いSIMフリーランキング!

音声通話機能付きの10GBプランで比較してみました。

【docomo回線の10GBプランで一番安いSIM】
1.U-mobile
2.LIBMO
3.OCN モバイル ONE

音声通話機能付きの10GBプランで比較して、最安値はU-mobileの2,880円でした。ちなみに、データー通信だけだと、LIBMOが一番の最安値で、2,280円。OCN モバイル ONEも上位2社とほとんど格差ない料金に設定されています。

>>docomo回線の音声通話機能付き10GBプランで一番安いSIM1位のU-mobileの公式サイトはこちら→

 

【ソフトバンク回線の10GBプランで一番安いSIM】
1.Y!mobile
1.LINE MOBILE
3.mineo

Y!mobileは、10GBのプランがないので、9GBプランで比較しました。価格は9GBプランで2,980円と最安値でしが。LINE MOBILEは、10GBで3,220円と、1GB分を上乗せすれば、金額的にはほぼ同等となるので、両社を1位としました。ちなみに、3位のmineoは、3,570円と約1割高の料金でした。

>>ソフトバンク回線の音声通話機能付き10GBプランで一番安いSIM1位のY!mobileの公式サイトはこちら→

 

【au回線の10GBプランで一番安いSIM】
1.mineo
2.UQモバイル
3.BIGLOBEモバイル

UQモバイルは9GBのプランしかなく、9GBの価格で比較すると、UQモバイルが最安値なのですが、UQモバイルが10GBプランだった場合の算出をすると、mineoが若干上回っていたので、mineoが1位となりました。ですから、1位、2位との差は、ほとんど0に近いといことです。BIGLOBEモバイルは、他社の価格設定より1割高となっています。

>>au回線の音声通話機能付き10GBプランで一番安いSIM1位のmineoの公式サイトはこちら→

(SIMフリー完全ガイドのデーターより参照)

 

通信速度が安定しているSIMフリーランキング!

【docomoの回線で通信速度が安定しているSIM】
1.LIBMO
2.OCN モバイル ONE

通信速度が一番安定しているのがLIBMOです。1日の平均が26.22Mbpsと一番早く、2位がOCN モバイル ONEの、23.23Mbpsでした。また、LIBMOは最低速度でも17.5Mbpsあり、2位のOCN モバイル ONEの5.68Mbpsに大きく差がひらきました。

>>docomo回線の通信速度が安定しているSIM1位のLIBMOの公式サイトはこちら→

 

【ソフトバンクの回線で通信速度が安定しているSIM】
1.LINE MOBILE
2.Y!mobile

LINE MOBILEは、キャリアをしのぐ驚異の速度をだしています。平均がなんと、53.32Mbps、最低速度でも43.85Mbpsと安定した通信速度を保っています。2位のY!mobileも平均が46.71Mbpsで、最低が22.75Mpbsと、こちらもかなり早い速度と安定感をだしています。

>>ソフトバンク回線の通信速度が安定しているSIM1位のLINE MOBILEの公式サイトはこちら→

 

【auの回線で通信速度が安定しているSIM】
1.UQモバイル
2.BIGLOBEモバイル

auの回線もかなり早い速度をだしています。1位はUQモバイルが、平均56.93Mbpsで、最低速度が47.71Mbpsと、かなり早い速度をたたきだしたいます。2位のBIGLOBEモバイルは少し落ちますが、平均で25.57Mbps、最低速度12.39Mbpsなので、結構速い速度ではないかと思います。

>>au回線の通信速度が安定しているSIM1位のUQモバイルの公式サイトはこちら→

(SIMフリー完全ガイドのデーターより参照)

 

総合格安SIMフリーランキング!

では、総合ランキングを発表します。

【docomo回線部門の格安SIM】
1.OCN モバイル ONE
2.LIBMOO
3.BIGLOBEモバイル

通信速度の速さと安定感は、LIBMOOがおすすめですが、通話機能やその他のサービスをトータルすれば、docomo回線部門の格安SIM1位は、OCN モバイル ONEとしました。NTTのグループ会社でもあるので、docomo回線を使うなら、安定感がいい、OCN モバイル ONEで決まりです。

>>docomo回線部門の格安SIM1位のOCN モバイル ONEの公式サイトはこちら→

 

【ソフトバンク回線部門の格安SIM】
1.Y!mobile
2.LINE MOBILE
3.mineo

LINE MOBILEのあの速度は魅力的ですが、やはりトータルで判断したら、Y!mobileに軍配が上がりました。高速通信加え、無制限通話、これだけでも選ぶ価値があります。しかし、LINE MOBILEの早さも味わってみたいところです。

>>ソフトバンク回線部門の格安SIM1位のY!mobileの公式サイトはこちら→

 

【au回線部門の格安SIM】
1.UQモバイル
2.mineo
3.BIGLOBEモバイル

やはり、au回線の中で、断トツの通信速度の早さと、安定感があるUQモバイルを総合1位にしました。しかし、気になるのが通話機能です。UQモバイルには、「かけ放題」などのプランがなく、通話に関しては、他社に劣っています。通話機能を充実させていのなら、mineoがおすすめです。mineoには「10分かけ放題」のオプションがあり、10分以内の通話が無料で使えます。

>>au回線部門の格安SIM1位のUQモバイルの公式サイトはこちら→





このページの先頭へ